ウイルス対策ソフト

Mac と Linux 向けに Sophos Anti-Virus を共通経費で一括契約しています。工学研究科・工学部のPCであれば自由にご利用いただけます。

Windows PC は、標準でインストールされている Windows Defender が使用できます。なお、Windows 向けの Sophos Anti-Virus は、2020年1月でサービスを終了しました。

Windows Defender

Windows 8.1 以降では、Windows Defender が標準でインストールされています。有効化してご利用ください。

Sophos Anti-Virus(Mac・Linuxのみ)

利用対象

工学研究科・工学部の研究室等で教職員・学生が使用するコンピュータ等。

インストール・設定方法

インストール・設定方法をご覧頂くには、工学研究科教職員または学生(大学院生)が SPS-ID/ECS-ID でログインしていただく必要があります。その他の方には、別途インストール方法をご案内いたしますので情報センターまでご連絡ください。

最新の OS サポート状況および詳しい使用方法等は Sophos ウェブサイトでご確認お願いします。

ウイルス定義等のアップデート

Sophos Anti-Virus のウイルス定義等のアップデートは学内ネットワークからのみとなります。学外から VPN 接続等で利用される場合には、学内までのネットワークの状況等によってアップデートが行えない場合があります。

個人PCでの利用

個人所有 PC は原則利用対象外です。個人向けには Sophos はじめ各社から無償のアンチウイルスソフトも提供されていますのでご検討ください。

お問い合わせ

工学研究科附属情報センター
内線: (桂15-)7367
E-Mail: staff@cit.t.kyoto-u.ac.jp